気になる経済ニュースの考察

  1. 企業動向

ウーバー、2019年4-6月期は過去最大となる52億ドルの赤字

概要

  • ウーバーテクノロジーズは8/8に2019年4-6月期決算を発表した。最終損益は52.4億ドルの赤字にのぼり、業績を公表している2017年以降で最大の赤字となった。

解説

主要因はIPO関連費用だが、本業も赤字のまま

  • 赤字の52.4億ドルのうち、39億ドルは、IPOに伴い従業員などに与えた株式による報酬の評価額だった。
  • しかし、これらの費用を除いても最終損失は13億ドルとなり、前年同期より赤字幅は拡大している。売上が31.2億ドルであることを踏まえれば、13億ドルの赤字も依然大きい。

自動運転時代まで赤字体質は変わらない

  • ウーバーは売上の7割程度をライドシェアサービス、2割程度をウーバーイーツで稼いでいるが、主力のライドシェアサービスは儲かる見込みが立っていない。
  • その原因は、ウーバーは顧客から受け取るライドシェアアサービスの対価の8割程度をドライバーに還元しているためだ。
  • ライドシェアサービスでは、ドライバーの多さが顧客の利便性に直結する重要な要素だ。
  • しかしドライバーは採用も定着も容易ではない。ウーバーの運転手は毎月に13%が離職していく。
  • 既存ドライバーを繋ぎ止め、新たなドライバーを確保するために、ライドシェアサービスの対価の大半をドライバーに分配せざるを得ない。
  • ライドシェアサービスの仕組みは単純なもので、差別化困難だ。そのため、事業者はドライバーへの対価支払いや広告料を競い合うように派手に使い、対消費者では価格競争に陥っている。
  • ウーバーはこうした競争の末、中国では滴滴に、東南アジアではGrabと言った競合に市場を譲り撤退した。北米では現在もリフトと熾烈な競争を繰り広げている。
  • ドライバーへの対価を支払わずに済む自動運転時代まで、ライドシェアサービスは赤字体質であり続けるだろう。

ウーバーは自動運転時代の競争優位を築くため赤字に耐えて競争優位を磨く

  • ウーバーはなぜ赤字を垂れ流しながらライドシェアサービスを継続するのか。
  • 彼らは、破滅的競争の果てに、現在のライドシェアサービスで独占的な利益を得ようとしているわけではない。
  • GAFAなどのデジタルプラットフォーマーへの独禁法適用が厳しくなりつつある環境下で、それは不利なビジネスモデルとなりつつある。
  • ウーバーが狙っているのは、人件費がかからず利益を生むことが可能な自動運転配車サービスで市場のリーダーとなることだと思われる。
  • その時競合に勝つために必要な要素は、顧客接点や、ブランド、UI/UXと言ったソフトな能力であり、それらは現在のライドシェアサービスを通じて培われ得る。
  • ウーバーは当面の間、赤字に耐えながら競争優位を構築し、やがてくる自動運転時代に備えようとしている。

人気ブログランキングへ

企業動向の最近記事

  1. 「卒FIT」で商機獲得に向け動く企業、仮想発電所構想も

  2. 半導体需要、底入れの兆し

  3. かんぽ不正販売問題と日本郵政グループの今後

  4. JDI再建、嘉実基金が出資取りやめで混迷が続く

  5. ウーバー、カリフォルニア州新法で人件費増加と株価低下リスク

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP